中央線快速電車   新宿・高尾方面
準特急 かいじ121号  山梨市 21:53 9両
快速           吉祥寺・武蔵境 21:56 10両
この列車の停車駅は新宿・立川・八王子・上野原・大月・塩山・山梨市です。石和温泉・甲府にはまいりません。この列車は乗車券・定期券のほかに特急券が必要です。
お知らせ
本日もお越しいただきありがとうございます。現                                    [ご案内]列車撮影の際は黄色い線より内側で安全に撮影しましょう。                                                                  

2010年11月07日

秩父報告2

久しぶりの旅行記になります。

三峰口駅からバスで三峯神社に向かいました。
三峯神社での効用は誰でも簡単に眺めることができます。

まずは、駐車場側。紅葉を見るなら見晴台からの方がきれいですが、すすきが写真の中に入れられるのはここだけでした。

P1280524.JPG P1280520.JPG
P1280515.JPG
posted by 総武各停 at 18:07| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

上越信州旅行 #08(最終回)

旅行記#08<最終回>
日時:2010年7月19日12:00頃〜
掲載区間:SL・EL碓氷/旧客試運転など
_____________________________________________________________

いよいよ最終回。このネタがなくなると今月はネタが持っても来月は持たない...撮影行ったりBVEの紹介したりすればいいのか...まぁこのごろの連日更新が途絶えたらスミマセンってことで。

さっさと旅行記を終わらせてしまいます。
_____________________________________________________________

まず、高崎駅からSL碓氷を撮るために北高崎駅付近へ。行く予定が無かったので、知ってる撮影地はここだけで、構図が若干微妙ですが撮影しました。あまりSLの走らない区間とあって沿線には結構たくさんの人がいました。

数分後にSL通過。ほとんど時間無かったので結構焦りました。

P1230212.JPG P1230220.JPG

高崎駅のすごい人とSL。煙を吐いて汽笛を鳴らしてくれるサービスがあり、満足して帰りました。その後やってきた下り列車はヘッドマーク編成。今回何回も会いましたが2編成しかいないようですね。

P1230231.JPG P1230244.JPG 

その後高崎駅へ戻ると、三脚と眼レフをぶら下げた少年が旧型客車試運転がさっき発車したらしいとか行っているのを耳に挟んだ。待とうかとも思ったが帰ってくるのはずっと後っぽかったので吾妻線へ。

吾妻線はもちろん単線。単線は列車行き違いのごとにホームに下りて対抗列車を撮影するのが普通ですよね?とらない人も多いのか?(上の右の写真は吾妻線の交換列車。後ろの高架が新幹線)

川原湯温泉駅で下車。ここは一時期話題に上った八場ダムの建設予定地。いろんな建設物も出来ていて風景はあまりよくないが、とてもいい景色が楽しめた。(言葉が矛盾しているのは気にしない方針で...)

P1230245.JPG P1230262.JPG
P1230268.JPG P1230278.JPG
P1230293.JPG P1230328.JPG

列車の写真はいいんだが、列車が白とびしたのが残念。露出の設定する暇がありませんでした。

吾妻峡は一周に二時間半ほどかかりますが、列車の時間の関係で見晴台までの片道30分で折り返し。予想以上に道のアップダウンが激しく、若干大変でした。湖に沈む前に一度は行ってみたらいいんじゃないか...

そして帰りは川原湯温泉駅で撮影して、日本一短いトンネルを撮影してからもう一度高崎駅へ。

P1230336.JPG P1230342.JPG
P1230338.JPG P1160008.JPG

トンネルの写真どうやって撮ったかっていう質問はなしということで。ちなみに、写真左は今回撮ったやつで、写真右が前回(2009年8月29日)に撮ったやつ。前回の方がうまかったかな...

高崎から予定通りEL碓氷の撮影に。若干遅延していたために予定より撮影までに余裕がありました。
同じ撮影地にいた方から、高崎駅に旧客試運転が17:00頃に到着するという情報をいただき、井野駅へ。(一緒に撮影した方、ありがとうございました。)
ただし、皆さん考えることは同じなのか、SL撮影した後の信越線に接続する小山行きの列車の先頭に十数人の鉄の集団ができていました。そしてみなさん井野駅でホーム先端にダッシュ...
最終的には二十数人になりました。(このときはすごいと思っていたが、この前の西八王子の方がすごかった...)

P1230372.JPG P1230386.JPG

どちらもまぁまぁなできでしょうか。その後新宿に戻り、写真とって遊んでから家に帰りましたとさ。


P1230399.JPG

長文スミマセンでした。

<上越信州旅行 旅行記本文終わり>
_________________________________________________________

この後#10を書いて終わりです。
posted by 総武各停 at 15:43| Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上越信州旅行 #07(土合)

旅行記#06
日時:2010年7月19日4:00頃〜19日頃
掲載区間:熊谷ー土合
_____________________________________________________________

昨日も40アクセスを越えていたようですが、日記を更新できずすみませんでした。昨日23:59必着とかいうやつを出さなきゃいけなかったので。結局ギリギリ23:59ちょうどにメールを出しました。(相手に時間通りについているかわかりませんが)

いよいよ旅行二日目に入りました。今回の旅行は追加料金約2500円。そのほとんどを急行料金の約1500円が占めています。急行料金は距離が長いと定額。そのため、上野まで行こうかと思いましたが、そこから土合に戻るのがバカらしくなったので熊谷で下車。

熊谷で撮影したものの、列車内で爆睡していたために眠く、うまい写真は撮れず。でも、下の写真のE231系。湘南新宿ライン直通の始発なのですが、顔だけ止まってはっきりしていてきもい。(これって流し撮り???)

P1230108.JPG P1230112.JPG

さっきも書きましたが、この日の第一の目的地は土合駅。土合駅が何か皆さん知っていると思うので説明は省略。モグラが掘った駅(違

P1230117.JPG P1230131.JPG

ホームで色々撮影していたら降りた人は皆いなくなってしまいました。で、階段の方ですが、楽勝だと思って最初の方ニ段とびで進んでいったら途中で足が重くなって...予想よりも長かったですが、それほどでもない。でも結構時間がかかります。この駅を利用する人は谷川だけ登山の人と観光客だけですからいいんですよね。バリアフリーは一切考えられていません。

P1230153.JPG P1230167.JPG
P1230170.JPG P1230178.JPG

そして上りホームに到着。予定では土合駅で二時間半過ごすことになっていましたが、何も無いので二時間前の列車で水上に行きSLを撮影することに。

※土合駅に階段目的に行く人は30分ぐらいで十分だと思います

P1230188.JPG

ちなみに、上りホームからはまるで線路内に立ち入ったかのような写真が安全に撮れます。

この後、土合ー湯桧曽のループ線ではこれからいく線路を目視することは出来たのですが、窓ガラスが汚れすぎていて写真には写りませんでした。


次は「SL碓氷ー吾妻峡ーEL碓氷ー旧客試転」という鉄道三昧の回。次で終わる予定ですが、場合によっては伸びることがあります。

ここまでご覧になった皆様、ありがとうございました。
posted by 総武各停 at 00:43| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

試投稿

投稿試験です。

posted by 総武各停 at 22:55| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上越信州旅行 #06(豊野〜長岡)

旅行記#06
日時:2010年7月18日18:00頃〜19日2:00頃
掲載区間:豊野〜飯山線・ほくほく線〜直江津...
_____________________________________________________________

久しぶりの旅行記の投稿です。結構前なので忘れている人も多いと思いますが、一応続きを書きます。(タグの「旅行記」をクリックすると楽に前の方を見れるかと。)

豊野から飯山線に乗車。以前完乗したことがあるので、新鮮味もなくただのるだけ。田舎は夜が早いですから、途中から車内はがらがらに。2両で乗っているのは旅行帰りの高校生集団とそのほかに数人でした。ローカル線である割には、景色もあまり良くなく、車両も普通でこの路線はお勧めしません...まだ、「長野→信越本線→直江津→北陸本線→宮内→信越線→…」と行ったほうが風景もよくお勧め...

ただの移動手段として利用した後、十日町でほくほく線に乗りかえ。「ほくほく線」は愛称のように感じますが、コレが正式名称。十日町駅は田舎にしては珍しく高架駅。(ほくほく線は160kmだすし、軌間さえ変えれば新幹線にしてもいいような線形です。)そして、車内に入って驚くのがとても湿度が高い。トンネルが多いため、湿度の調節が出来ないみたいです。いちおう今回の目的は美佐島駅。長いトンネル内に駅があり、それは土合とかもそうで何も珍しくはない(それに階段もそれほど長くない)のですが、鉄製の巨大なホーム扉が二つついているんです。(通常ホーム扉というと山手線恵比寿駅とか南北線本駒込駅みたいなものを想像するかもしれませんが、ここはホームに立ち入ることが出来ないホーム扉です。)
また、駅前には何もありません。時間をつぶすようなところはないのでご注意ください。

P1230038.JPG P1230040.JPG
P1230044.JPG P1230053.JPG

詳細はWikipediaとか下記URLをご覧ください。
http://www.hokuhoku.co.jp/hakase/4hakase/01-10/10.html


その後飯を食べるために越後湯沢駅へ。ただし美佐島駅は快速列車通過のため、いったん二駅戻って十日町駅から乗車します。越後湯沢駅前には午前2時まで営業しているラーメン屋があり、結構便利。(料金は若干高めですが、けっこうおいしい)

P1230064.JPG

その後直江津まで寝て、直江津でバルブ撮影会。日本海を撮影している人は深夜にもかかわらず6人ほどいました。日本海のあと「能登」と「きたぐに」の発車がありますから、それに乗車する人でしょう。日本海はカメラで試験的に動画を撮影しましたが、画質が悪い...

P1230075.JPG P1230099.JPG

つぎはやっと二日目です。二日目は撮影が中心なので、写真ばっかり載せてすぐに終わると思います。
投稿が40分ほど遅れて申し訳ありませんでした。
posted by 総武各停 at 22:38| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

上越信州旅行 #05(長野総合車両センター)

旅行記#04
日時:2010年7月18日12:30頃〜13:00頃
掲載区間:長野〜長野総合車両センター通過_____________________________________________________________

旅行記第四弾です。旅行のテンションがまだ維持できているため更新頻度はまだ落ちません。旅行は一回行くとその効果が長く持続するのがいいんですよね。鉄研に一度でも入ると旅行依存症になりがち。でも旅行は丸い金属と四角い紙がどっかに行ってしまうんですよね...

今回は長野から妙高号に乗車。皆さんが知っているように183系での運転です。(今回いわゆる485顔にたくさん乗車しました。「ML信州」「妙高」「能登」「MBくじらなみ」。座席もやわらかく乗り心地もいい。一番MBくじらなみが座席がやわらかく乗り心地が良かった。能登のことは次回)


で、長野から信越線に乗るといったら何か。





そう。長野総合車両センター。車窓の右側に広がっています。今回長野ー北長野を1度しか通らない行程だったため、念入りに眺めてきました。(長野電鉄で北長野まで行ったほうが流れは良かったが、これを見るために長野経由に変更。)京葉205、京浜東北209、房総209、山手E231、253、EF62、リゾートふるさと等々さまざまな車両がおいてあります。

P1220877.JPG P1220887.JPG
P1220892.JPG P1220904.JPG

若干タイミングが遅く、京葉線が隠れてしまいました。最後の写真は信越線の車内から撮った風景。空の青、自然の緑、そして白い雲のコントラストが美しいかも。

あっ。何か分量増えちゃったんでここで分割します。


※長野総合車両センター廃車置場の毎日の情報が知りたい方は下記へ。私は毎日確認しています。広告が下に隠れているので、広告をクリックしないようご注意ください。
http://naganowakaho.cocolog-nifty.com/blog/

posted by 総武各停 at 01:19| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

旅行総走行距離

旅行の合計走行距離(徒歩・バス除く)は約1285kmでした。

大体どんぐらいの距離かというと直線距離で

東京から奄美大島の中央まで

とっても中途半端な表現で申し訳ありませんでした。北のほうにやっていったら稚内の北の海になってしまったんで。

鉄道旅行してると、部活よりも陸上を走る距離が一番長いんですよね。やっぱり運動部か(笑)

で、旅行記の続きはまた明日ー。
posted by 総武各停 at 20:45| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上越信州旅行 #03(善光寺・長電)

旅行記#03
日時:2010年7月18日9:30頃〜12:30頃
掲載区間:姨捨発車〜長電撮影
_____________________________________________________________

旅行記第三弾です。
もとは#02に入れるつもりでしたが、予想以上に姨捨の写真が多かったので分割しました。

姨捨駅を発車。まずは松本方面に列車が向かい、その後スイッチバックして長野方面に向かいます。(姨捨から待避線まではバックで走行)待避線は踏切上にあるため、その踏み切りは列車が来たらなかなか開きません。

長野駅からはバスで善光寺に向かいます。長野駅→善光寺は100円で5分おきにバスが運転されているため、すごく利便性がいいです。
休日ということもあり、人は大目でしたが、ゆっくり観光することが出来ました。

P1220784.JPG P1220794.JPG

で、善光寺といえば(?)戒壇巡り。予想以上に真っ暗。(というより、完全に前が見えない)一度は行ってみる価値ありでしょう。(高校生が終わると値段が2.5倍になる...高校生は大人の40%しか意味がないということか...)そんなに時間をかける必要もなく、さらっと流して観光できます。

その後は長野電鉄の撮影。長野電鉄は日比谷線、東急、小田急の中古と長電独自の2000系と多様性がありますが、噂によるとJR253系現Ne107・108編成3両×2導入で2000系が引退するかもとか。そうなると全部中古。朝陽駅付近の有名撮影地に行こうと思っていたが、今後の行程の関係で時間が無かったため、善光寺下駅から一駅須坂方面に向かった本郷駅で撮影しました。
本郷駅は長野方面行き上り列車は直線、須坂方面行き下り列車は頑張ればアウトカーブっぽく撮影できる。(2両編成だと正面しか写らない)また、跨線橋からは上り列車が撮影できる。

2000系のマルーン編成と1000系ゆけむり以外は撮影することができました。この日は2000系がヘッドマークをつけていました。

P1220833.JPG P1220851.JPG
P1220855.JPG      P1220867.jpg

最後の8500系は長野まで乗車した列車。(往復とも8500系でした。)なんか見慣れている列車が田舎飛ばされてるの見ると違和感ありますね。(長野電鉄はほとんど色を変えませんからね。)

そういえば、N'EXはNagano EXpressとかして飛行機マークを消すだけで流用してしまうのでしょうか。(そして東武直通用はNikko EXpress(笑))

次回は短くまとめます。
posted by 総武各停 at 13:17| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今後の記事投稿予定

#01 さだまさし・MLS
#02 姨捨

#03 善光寺・長野電鉄撮影
#04 関山駅・関温泉
#05 飯山線・ほくほく線
#06 能登・MBK・土合
#07 SL碓氷・川原湯温泉
#08 EL碓氷・旧客試運転
#09 旅行経路

の予定です。予定は変更になる場合がございます。
posted by 総武各停 at 01:18| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

上越信州旅行 #02(姨捨)

旅行記#02
日時:2010年7月18日7:00頃〜9:30頃
掲載区間:姨捨

_____________________________________________________________

旅行記第二弾です。記事範囲を短縮して姨捨のみです。

姨捨駅は有名なスイッチバック駅、そして車窓がきれいな駅として、また有名撮影地として知られる駅。写真をざっと載せます。

P1220695.JPG P1220702.JPG
P1220699.JPG P1220730.JPG
P1220718.JPG P1220748.JPG

写真1:姨捨駅徒歩7分ほどの有名な棚田。中一以来の訪問。
写真2:篠ノ井線のぼりの有名撮影地。姨捨公園から撮影。(姨捨駅から徒歩5分ほどでつける。)
写真3:姨捨公園から超望遠で撮影すると列車が映る。そのため、下り列車が接近しているときはすぐわかる。
写真4:ただし、長編成は頑張っても入らない。まぁきれいだからよいのだが。
写真5:姨捨駅から3分ほどのところにある撮影地。ただしここにある踏切は遮断機も警報機も無いうえに高速で列車が通過するので、事前に通過列車を確かめないと危険。くれぐれも注意しましょう。(ただしこの撮影地は通路からの撮影なので安全です。)
写真6:姨捨駅のホームからの風景。梅雨明けしてくれて良かったと感じる。短い滞在ならこの風景を見るだけでも意味があるだろう。
posted by 総武各停 at 23:43| Comment(3) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。